男 正しい オナニー やり方

男のための正しいオナニーのやり方

オナニーが原因でセックスできなくなる危険があります。

男性の場合、ほぼ100%の人がオナニー(マスターベーション)をします。特に思春期の頃は、オナニーなんかしていやらしいだとか、自慰行為は悪いことのように思ったりしがちで、誰もがこっそりと行い、他人とオナニーの話をすることもあまりなく、ましてや、オナニーのやり方をどんな風にしているか?などとお互いに確認するようなことはなかなかありません。

 

もちろん、オナニーは悪いことでも極端にいやらしい行為でもありません。
オナニーをすること自体は何も問題はないのです。

 

でも、ちょっと待って下さい!

 

あなたが、誰にも知られずにしているそのオナニーは、じつは間違った方法かもしれません。
じつは間違ったオナニーを続けていると、肝心のセックスがまともにできないようになる可能性があるのです。

 

オナニーは自分一人で性欲を処理するものです。ただそれだけではなく、セックスを経験していない前の段階で、「興奮」→「勃起」→「刺激」→「射精」という性行為のプロセスを学ぶ予行演習のような役割もあります。

 

オナニーのプロセス

 

気持ちよければ、どんなオナニーをしてもいい、というわけではありません。
人によってはほとんど毎日行うであろうオナニーです。10代前半から始めたとして、10年も間違ったやり方でオナニーをしていれば、セックスが満足に行えなくなっても不思議はありません。

 

実際には、間違ったオナニーによって以下のような障害が起こる可能性があります。

 

  • 本物の女性との性行為でペニスが勃起しない。(ED)
  • 女性の膣の刺激で満足できずなかなか射精できない(遅漏)
  • 女性器にペニスを挿入しても気持ちいいと感じられない。(膣不感症)
  • オナニーでは射精できるのに、女性の膣でイクことができない(膣内射精障害)

 

このような状態では、満足のいくセックスはできません。
自分自身が気持ちよくないだけでなく、パートナーである相手の女性の心も傷つけてしまうでしょう。

 

これらの、オナニーによって起こってしまう障害は深刻ですぐに改善することは難しく、有効な治療薬、治療法はありません。長年のオナニーのせいで徐々に失われてしまった正常な性的興奮のプロセスを取り戻す唯一の方法は、正しいオナニーを日々行うことです。

 

深刻な状態になる前に、ぜひ今日から「正しいオナニーのやり方」を身につけて、日々実践していくことを強くおすすめします。

もしかしてこんな間違ったオナニーをしていませんか?

オナニーは本来、自由にやればいいものかもしれません。しかし、本番と言えるセックスに支障をきたすようなオナニーはやはり「正しいオナニー」とは言えないでしょう。

 

正しくない間違ったオナニーの代表的なものに以下の方法があります。
自分に当てはまるものはないかチェックしてください。

 

  • 特殊なオナニー(床やシーツ、布団などにペニスを押しつける、太ももにはさむなど)
  • ペニスを強く握りすぎている。
  • 脚に力をこめてピンと張った状態で射精する。(足ピン)
  • AV(アダルトビデオ、動画)を見てオナニーしている。

 

間違ったオナニー

 

間違ったオナニーでは「膣の刺激」以上の圧力や力をペニスに加えてしまう、また現実の女性とのセックスとは異なるシチュエーション(最高にエロいAV女優やマニアックな性描写のアダルト動画)をイメージしてオナニーすることで、現実のセックスで興奮がマックスに達することができなくなります。

 

正しいオナニーはこれらの行為を行わないで、ソフトな刺激と現実的な想像力で興奮に達し、勃起し、射精することが必要です。

セックスで困らない!正しいオナニーのやり方とは!?

それでは具体的に、セックスで射精障害にならない正しいオナニーの方法を紹介します。
といっても難しいことではありません。さきほどあげた「間違ったオナニー」をしなければよいのです。

 

一番大切なことは、「実際のセックスになるべく近い状態でオナニーすること」です。

 

具体的には、女性の膣以上の刺激、圧力をかけないこと。
実際のセックスのシチュエーションとかけはなれたイメージで性的興奮を得ようとしないこと。

 

たかがオナニーとはいえ、実際の動作と頭の中のイメージまで含めて正しいオナニーをしないと、セックスで失敗する原因になります。

 

まずは物理的な注意点です。

 

膣より強い刺激、圧力を加えないこと

床オナニーのように体重をかけてペニスを圧迫する行為は言語道断です。かなりの高確率で手で女性の膣では満足できず射精障害となります。床オナニーには中途半端な勃起で射精してしまう癖もつきますので、勃起不十分で女性器に挿入すらできなくなる可能性があります。間違ったオナニーの中でももっとも危険ですので、すぐに中止してください。

 

一般的な男子は、手を使ってオナニーをしています。しかし、こうした一見普通に思えるオナニーをしている男性の中にも膣内射精障害担ってしまう人が近年、急増しているのです。

 

その原因は、先ほどもお話したようにペニスを強く握り過ぎていることや強い刺激でこすり過ぎていること、射精の際に足をピンと伸ばして力を入れてしまうなど、実際の女性とのセックスよりも強い圧力をペニスに与えてしまうことにあります。

 

手でのオナニーなら大丈夫だろうと思っていても、実際にはより快感を得ようとして、知らず知らずのうちに多くの男性が間違ったオナニーをしてしまっているのです。

 

それではいったいどうすれば、女性の膣と同じようにソフトな刺激で射精できるオナニーが可能になるのでしょうか?

 

答えは、オナホールを使用してオナニーをすることです。オナホールとは男性用のオナニーグッズで、女性の膣をイメージした穴が空いているものです。オナホールを手で軽く持って、女性の膣に挿入するようにペニスを入れ、上下にピストンすることで、女性とセックスしているような感覚でオナニーができます。

オナホールの選び方にご注意!!

オナホールを使ってオナニーをすれば、遅漏や膣内射精障害で満足にセックスできなくなる事態は避けられます。セックスに役立てるための正しいオナニーのやり方として、非常におすすめの方法です。

 

しかし、オナホールはオナニー用のグッズというだけあって、中にはとんでもなく締めつけの強いタイプやイボイボなどの構造で、これまた女性器の膣以上の強い刺激を与えてしまうものが存在します。

 

あと先を考えずにただ快感だけを追及してしまうと、肝心な時にセックスができなくなってしまうのです。

 

でも、ご安心を♪
オナホールには、なんと「女性の膣の感覚を極限まで再現し、本物そっくりの感覚を得られるオナホール」というものが存在します。本物のセックスと同じ感覚を追及するリアル系オナホールと呼ばれているものです。

 

ここでいくつか、おすすめのリアル系オナホールを紹介しておきます。
商品名をクリックするとアダルトグッズの専門通販ショップ「NLS」で詳細やレビューを確認できます(18禁)。
業界差大手のアダルト通販ショップNLSは、実際の店舗よりも安く、しかも匿名や局留めなどプライバシー対策が万全。家族にばれずに安心してオナホを購入することができます。

 

名器の品格

名器の品格・下付き 「本物以上に本物」と言われるリアル系オナホールの王様。いわゆる穴とは違う無次元でペニスを挿入した時に女性の膣の圧力を忠実に再現。さらに興奮した時の女性の膣内の伸縮も実現していて、射精するまで本物の感覚が持続します。

 

通販サイトNSLで「名器の品格」の詳細・レビューを見る

極上生腰

極上生腰 本物感をとことん追求した大型ホール。むっちりした生々しい腰に手をおいてペニスを挿入して腰を振れば、まさにセックスと同じ感覚です。これがあればもうセックスパートナーがいなくてもさびしくありません。セックスですぐ疲れてしまうという人は腰の動きが間違っている場合が多いですが、そんな人の腰フリオナニートレーニングとしてもおすすめ。少々値が張りますし、手入れも保管も面倒ですが、一度は手に入れたい最高のオナホールです。値段の高さで惜しくも評価は2位に。

 

通販サイトNSLで「極上生腰」の詳細・レビューを見る

セブンティーン

セブンティーン 上の2つとはまったく別の素材、形状ですが、名器シリーズが出るまでは、リアル系オナホールの大人気商品でした。上記のものと比べて価格が安いので初めての人にはおすすめかもしれません。ただ、実際に使用してみると「リアル」というには遠い感じは否めません。大ヒット商品ということで3位に掲載してみました。

 

通販サイトNSLで「セブンティーン」の詳細・レビューを見る

リアル系オナホールを使用していても、ホールそのものを強く握ってペニスに過剰な刺激を与えないように中止してください。

 

また、過激な性描写のAVも避けましょう。理想は「何も見ないでイメージだけ」で勃起し、射精することです。AV女優と男優が繰り広げる激しいセックスは、ほとんどの女性にとって苦痛でしかありません。実際のセックスと同じような相手をイメージして、恋人や妻、憧れの女性との愛のあるセックスをしている気持ちになって挿入感をたっぷり楽しみながら射精する

 

それこそが男のための正しいオナニーのやりかたなのです。

間違ったオナニーを続けているとセックスで射精できなくなる恐れがあります⇒参考サイト「膣内射精障害 治し方」・・・自身も膣内射精障害となった体験談と克服方法が紹介されています。

ホーム RSS購読 サイトマップ