間違った オナニー やり方

これだけはやめておきたい!危険な間違ったオナニーの例

もしかしてこんな間違ったオナニーをしていませんか?

オナニーは本来、自由にやればいいものかもしれません。しかし、本番と言えるセックスに支障をきたすようなオナニーはやはり「正しいオナニー」とは言えないでしょう。

 

正しくない間違ったオナニーの代表的なものに以下の方法があります。
自分に当てはまるものはないかチェックしてください。

 

  • 特殊なオナニー(床やシーツ、布団にペニスを押しつける、太ももにはさむなど)
  • ペニスを強く握りすぎている。
  • 脚に力をこめてピンと張った状態で射精する。(足ピン)
  • AV(アダルトビデオ、動画)を見てオナニーしている。

 

間違ったオナニー

 

間違ったオナニーでは「膣の刺激」以上の圧力や力をペニスに加えてしまう、また現実の女性とのセックスとは異なるシチュエーション(最高にエロいAV女優やマニアックな性描写のアダルト動画)をイメージしてオナニーすることで、現実のセックスで興奮がマックスに達することができなくなります。

 

正しいオナニーはこれらの行為を行わないで、ソフトな刺激と現実的な想像力で興奮に達し、勃起し、射精することが必要です。

Sexで困らない正しいオナニーの方法を徹底解説しました!!

オナニーが原因でセックスで射精できなくなったK氏が、試行錯誤と研究の末にみつけた「正しいオナニー」を実践してわずか90日で問題を克服した方法を包み隠さず公開しています。

すでに遅漏や膣内射精障害を抱えている人もそうでない人も、「間違ったオナニー」は今すぐに中止して「正しいオナニー」をスタートしてください

>>「これで万全!男性のための正しいオナニーのやり方<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ