オナホール オナニー

オナホールでオナニー

女性とSexしている感覚になれるオナホールオナニー

オナニーは気持ちい、楽しい。

 

でも、やり方を間違ってしまうと実際のSexでうまく射精できなくなってしまうことがあります。
正しいオナニーはSexの予備練習にもなり健康的にも推奨されるのですが、なかなか実践するのは難しいのが現状です。右手を使ってしごく通常のオナニーでもつい力が入りすぎたりして膣内射精障害の原因にもなります。

 

一時の快楽のために肝心のセックスが出来なくなるようでは本末転倒ですよね。

 

「正しいオナニー」を簡単に行え、しかも女性の膣にペニスを挿入しているかのような快感も得られる方法が「オナホール」を使用したオナニーです。

 

オナホールはもともと女性器の代わりをイメージして作られているもので、セックスにおける女性の膣の感覚に非常に近いものが存在します。手を使わないため強い刺激を与えすぎると言う心配もありません。

 

ペニスにやさしく、Sexみたいに気持ちいいオナニー。
それを実現してくれるのがオナホールを使ったオナニーです。

オナホールの選び方にご注意!!

オナホールと一口にいっても種類はさまざま。オナホールはオナニー用のグッズとして独自に進化を続けており、中にはとんでもなく締めつけの強いタイプやイボイボなどの構造で、女性の膣とはかけはなれた強い刺激を与えてしまうものが存在します。

 

間違ってこうした高刺激系オナホールを常用してしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。

 

でも、ご安心を♪

 

オナホールには、「女性の膣の感覚を極限まで再現し、本物そっくりの感覚を得られるオナホール」というものが存在します。本物のセックスと同じ感覚を追及するリアル系オナホールと呼ばれているものです。

 

そうした「リアル系オナホール」の中でもおすすめのオナホールを紹介します。
実際に使用している人の生の声が見れますので、自分に合いそうかどうかの参考にしてください。

 

 

名器の品格

名器の品格・下付き 「本物以上に本物」と言われるリアル系オナホールの王様。いわゆる穴とは違う無次元でペニスを挿入した時に女性の膣の圧力を忠実に再現。さらに興奮した時の女性の膣内の伸縮も実現していて、射精するまで本物の感覚が持続します。

 

「名器の品格」の詳細・レビューを見る

極上生腰

極上生腰 本物感をとことん追求した大型ホール。むっちりした生々しい腰に手をおいてペニスを挿入して腰を振れば、まさにセックスと同じ感覚です。これがあればもうセックスパートナーがいなくてもさびしくありません。セックスですぐ疲れてしまうという人は腰の動きが間違っている場合が多いですが、そんな人の腰フリオナニートレーニングとしてもおすすめ。少々値が張りますし、手入れも保管も面倒ですが、一度は手に入れたい最高のオナホールです。究極ながら値段の高さで惜しくも評価は2位に。

 

「極上生腰」の詳細・レビューを見る

セブンティーン

セブンティーン 上の2つとはまったく別の素材、形状ですが、名器シリーズが出るまでは、リアル系オナホールの大人気商品でした。上記のものと比べて価格が安いので初めての人にはおすすめかもしれません。ただ、実際に使用してみると「リアル」というには遠い感じは否めません。大ヒット商品ということで3位に掲載してみました。

 

「セブンティーン」の詳細・レビューを見る

 

リアル系オナホールを使用していても、ホールそのものを強く握ってペニスに過剰な刺激を与えないように注意してください。

 

また、過激な性描写のAVを見ながらのオナニーもできるだけ避けましょう。理想は「何も見ないでイメージだけ」で勃起し、射精することです。恋人や妻、憧れの女性との愛のあるセックスをしている気持ちになって挿入感をたっぷり楽しみながら射精する

 

それこそが男のための正しいオナニーのやりかたなのです。

Sexで困らない正しいオナニーの方法を徹底解説しました!!

オナニーが原因でセックスで射精できなくなったK氏が、試行錯誤と研究の末にみつけた「正しいオナニー」を実践してわずか90日で問題を克服した方法を包み隠さず公開しています。

すでに遅漏や膣内射精障害を抱えている人もそうでない人も、「間違ったオナニー」は今すぐに中止して「正しいオナニー」をスタートしてください

>>「これで万全!男性のための正しいオナニーのやり方<<

関連ページ

普通のノーマルなオナニー
オナニーのやり方にもいろいろあります。ここでは普通のノーマルなオナニーオナニーのやり方について紹介します。
ペニスの擦り方のいろいろ
オナニーをする際にペニスを手で刺激する方法にもいろいろなやり方があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ